(猫の額ほどしかないニャニャまるの小さな思考記)

では、前々回の記事に続いて、再び、いただいたギターの紹介を。

 

ちなみに前々回はいただいたギターのうち1本目を紹介してみた↓

ニャニャまるとギター(2)

 

では、続いて2本目!

 

FG200J

2本目もなんとFG!!

FG大好きな私ニャニャまる大歓喜w

 

FG200Jのブラックラベルである

FG200Jは1974年から1975年の間だけに製造されたギター。

これまた、貴重なギターをいただきました。

 

スペック

◆トップ (スプルース合板)

◆サイド&バック (アフリカンマホガニー)

ペグはYamahaオリジナルペグ

Yamahaのオリジナルペグって、あのゴトーとどっちが品質的に上なんでしょうかね?

私は今まで、なんとなく、ゴトーペグだと良いギターだ!と単純に思っていたので。

 

さて、さらに、このFG200Jにはなんとピックアップがついていた。

 

LR.BAGGD PICKUP

お宅ギタリストの私ニャニャまるには、まさに猫に小判w

 

ギターをいただいた時に「ライブでもやりな」と言われたけど、いえ、無理ですw

 

 

ということで、このギターはM先輩が実際にライブでガシガシと長渕剛を弾いていたFG200Jなのだ。

 

サウンドホールの周りの弾き傷が、長渕剛命のM先輩の気迫と魂を感じる↓

 

いただいた3本のうち、このFG200Jが一番、弦高が低くて弾きやすいと感じた。

 

あと、よく鳴る

とにかくよく鳴る

 

やっぱり、外見的にもすでにこれだけストローク跡があるなら、私もガシガシと弾きたくなるわけで・・

 

Amy MacdonaldのThis is the life

若い頃のもっとガシガシ弾いているライブ映像もあるんだけど、ブログには公式チャンネルしか貼れないらしいので、これを↓

若かったエイミーも良い感じに年を重ねてきたね・・

MVではカポなしだけど、私はカポ4で。

そして、コードはひたすら、Am、F、C、Emの繰り返し。

ストロークパターンは勝手に合いそうなのを自分で考えてみた

1・・・2・・・3・・・4・・・

↓   ↓↑↓  ↓ ↓↑↓ ↓ ↓

タン タカタ タン タカタ タンタン

このストロークパターンで延々と弾く

シンプルイズベスト

大ヒットしただけあって、すごく気持ちいい曲。

ストロークのリズムが頭の中で、こだまする・・

弾き終わっても、まだ、こだまする・・

しばらく、ずっと・・こだまする・・

タン タカタ タン タカタ タンタン・・・・・